fc2ブログ

株日記 アベクロ相場と外国人動向でよよいのよい

アベノミクスと黒田日銀総裁を注目しながらの株日記です。手堅い作戦あり、暴走した作戦ありで期待してください!

ギリシャショック再び 日本株は散々

2015/7/6

日経平均株価 20112円 -427円
外国人動向   10万株 売り越し

日経平均は、ギリシャ問題悪化を受け、一時526円まで値下がりする場面が見られたが、最後に少し切り返し427円安で引けることとなっている。

一応、日足チャート的には、20000円という節目と、短期下トレンドラインに跳ね返される位置取りとなっているので、明日以降、この水準を割らなければ再びの上昇も視野に入れておきたい。

それにしても、ギリシャという国が、ここまで物分りが悪い国だとは、少々想定外といったところである。
まず、借りているお金を、返す姿勢が見えず、また、国民がこれから先、贅沢を望むか否かの採決をこの重大局面で行うという暴挙と、なんなんだと言いたくなるような話である。

そして、国民の過半数が、現在ある贅沢を維持したいとの答えを出すあたり、ただの国ではない。

個人的には、こういう国にこれから先、貸し付けを行うべきではないと考えるが、ギリシャがユーロを離脱すると、ユーロチームに亀裂が入るとか入らないとかで、少々大げさな話に聞こえるというところである。

また、ロシアや中国と手を組むとか、組まぬとかという話もあるが、仮に組んだとしても、ギリシャがお荷物であることに気が付くのには、さほど時間はかからないだろうと考える。

まぁ、これにて、ギリシャユーロ離脱物語は着々と進行しているように見て取れるが、市場がどこまで織り込んでいるかは、正直分からないといったところである。

次に、マザーズ指数であるが、こちらもギリシャショックの余波を受けて、短期下トレンドラインをためす981まで下落する場面があった。

日足チャート的には、明日以降上昇モードに転換すれば、ほどよい調整にもみてとれ、また窓埋めを一応のところ終了したという見方もできるため、ここから先はなんとか切り替えしてほしいところである。

一応、私の持ち株陣であるが、皆さんご想像のとおり、まずまずの崩壊となっており、先週月曜日に次ぐ大赤字となっている。

こういうとき、信用取引を限りなくマックスで入っていると、即退場となるので、欲もほどほどにを基本に相場と向き合わねばならないと考える。

それではまた


スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

あべくろミクス

Author:あべくろミクス
FC2ブログへようこそ!
記事が「まぁ良いかな」と思ったら、クリックしてください↓

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
579位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
258位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR