FC2ブログ

株日記 アベクロ相場と外国人動向でよよいのよい

アベノミクスと黒田日銀総裁を注目しながらの株日記です。手堅い作戦あり、暴走した作戦ありで期待してください!

日経平均は動かず 再び空売りの荒波に身を投じる

2014/5/29

日経平均株価 14681円 +10円
外国人動向  100万株 買い越し

一昨日、空売りポジションを大幅解除し、とりあえず勝ちを確定させることを優先させて頂いた。
そして、昨日頭を冷やした結果、空売りを再度勝負するという一つの決断に至ることとなった。

まず、昨日目をつけていた銘柄を、前場に空売りを仕掛けることとした。
今回の規模だが、3日前に超強気モードで空売りをしていた際の、約半分を勝負している。

さすがに、この時点で超強気はまだ発令できないので、とりあえず、最低の勝負だけは仕掛けたつもりである。

さて、本日、空売りを仕掛けた理由だが、ドル円チャートを永遠に眺めた結果、一つの答えにたどりついたからである。

それは、4/4日につけた高値104.1円と5/2日につけた高値103.0円をつないでみると、5/27日の高値102.1円にピタリと一致したからである。
ドル円も、101円を割った後は回復傾向で一時102円を上回ったが、だからといってトレンドが変換されたわけではない。
為替チャートが102.1円を付けた後、若干下げモードになっており、現在101.7円となっている。

となると、先に述べた、102.1円あたりが上段トレンドラインの天井として機能し、再び、101円を割るのではないかという、空売りをする側にとっては、この上ない解釈ができる状態となり、あえて勝負の再開を行ったわけである。

前回101円台に突入したわけだが、もしこの度、その辺りの打診があるとすると、今度こそ本当に大雪崩の可能性は高いというこれまた都合よく解釈しているわけである。

中には、日経平均同様、為替も前回の101円台で底を打ち、もうすっかり回復しますよといった声も聞かれそうだが、そうはならないのではないかと思っている。

ECBのドラギ総裁が今月5月初めに来月の6月あたり「金融緩和を行動する用意がある」という発言をした後、それなりのユーロ安が起こっていることから、ユーロが140円を回復するような場面が来ない限りは、このままユーロ安が進行するのではないかという、確信的な予感のもと、そうなるとドル円だけが円安すいすいといったことはほぼありえないというのが、私の結論であるからして、102.1円の回復はかなり難しいという解釈につながった。

ということで、基本的には円高の再開が濃厚との読みが私を支配した結果、再度の空売りに立ち向かうこととなったわけである。

もし、上記の円高理論が本当に起きたとすると、101円をまた割るという話になる。
その時に、やっぱり割ってきたかと慌てて空売りを再開すると、この度のように、その水準から102円を目指す流れが今までの常識だったことから、撃沈の恐れがある。

今回、もしかしたら101.7円あたりから反撃の102.1円越えがあるかもしれない。
しかしリスクとしては0.4円、日経平均株価にして100円程度のリスクで終わる計算になる。
(私は、0.1円円が振れると25円日経平均に影響があるものとしている。→1円円高で250円安)

一応、株価は為替以外の要素も含まれるので、上記だけが絶対ではないが、かなり重要なポイントではないかと思っている。

よって繰り返すが、102.1円を回復しない限り、日経平均の空売りポジションは落とさないという精神で、短期的に望みたい。

まぁ、102.1円を回復しても日経平均は14800円程度と見ているので、そうなると今日からの空売り勝負は赤字だが、その辺は割り切りたいと考える。

とりあえず、日経平均は、本日あまり動かなかったことで、今日新規に空売りした銘柄も大きな動きはなかったが、明日以降、今日の勝負が吉と出るか凶と出るかはっきりするのではないかと思っている。

もう一つのネック、米株だが、個人的には今がほぼ上限と勝手に決めつける。
最近の米株は、比較的16600前後をいったりきたりで、なかなか抜けきれずに戸惑っているような感じがしないでもない。

空売り隊としては、米株にも一回調整してほしいところだが、下げるきっかけもなかなか見つからないといったところである。

次に、マザーズだが、今日も大幅上昇につき、気分ばかりは大ダメージを受ける。

今日ももちろん買い勝負はしていないのだが、ここまできたら、今日は絶対買わないという決断のもとなんとか乗り切ったという感じである。

先週までは、絶対買わないという精神は全くなく、「買う気がない」という、ある意味、マザーズを無視するような心持であったことから、中途半端なところで買いを入れずにすんでいた。

しかし、その精神は、少々の反転では覆らず、本当の買い場では逆に裏目となり、750越えをはたした現在、「しくった」とやや後悔にいそしんでいるわけである。

あらためて、ここ数日を振り返ると、上段トレンドラインを抜けた700前後が最初の買い場であったのは明白である。
もちろん、相対的にまだ、上昇トレンド変換とは言い難い状況だったため、予算の全額を買い勝負することはできない。

ただ、予算の3分の1程度であれば、ジャブ程度に仕掛けることができたのではないかと思っている。
数日だけで20%以上の上昇となっているので、さすがに買い勝負をここからすることはしないが、ここまでくると、さすがにもう下がるだろうといった心境である。

もうはまだなり、まだはもうなり

相場の有名な格言である。

それではまた



スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

あべくろミクス

Author:あべくろミクス
FC2ブログへようこそ!
記事が「まぁ良いかな」と思ったら、クリックしてください↓

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
994位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
431位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR