FC2ブログ

株日記 アベクロ相場と外国人動向でよよいのよい

アベノミクスと黒田日銀総裁を注目しながらの株日記です。手堅い作戦あり、暴走した作戦ありで期待してください!

日経平均は15100円の壁に跳ね返される

2014/2/26

日経平均株価 14970円 -80円
外国人動向  100万株 売り越し

朝から150円ほど安く始まった日経平均だが、徐々に回復し後場には一時プラス圏に復活する場面も見られた。
ただ、昨日から数えて、15100円越えにトライしたのが、本日5回目であるが、とりあえずは失敗と終わっている。

5回チャレンジしていずれも超えることができなかったことから、もしかしたら、この度のリバウンドの天井となった可能性が出てきた。
現水準では、まだ上昇の目もあるが、一昨日の終値14800円あたりを割って引けるような場面がみられると、下げトレンドに変わった可能性がでてくる。

昨日、7割ほど空売りポジションを落としてはみたが、本日は気を取り直して、朝からまた空売りを決行することとした。
私は、空売りする際は、全体が下がるときは、業績に関係なくほとんどの銘柄が下げに転じると思っているのだが、本日は、業績が悪い銘柄を中心に空売りすることとした。

一応、今日空売りした銘柄だが、1979大氣社、5602栗本鐵工所、3632グリー、7522ワタミの面々である。

正直なところ、昨日ポジションを落としたので、上がるならどんどん上がれと思う自分もいる反面、3割は残したままであるところから、やはり下がってくれという自分もいて、なかなか複雑な立場となっている。

しかしながら、毎回思うのだが、買いも売りも自分のリミット以上張ってしまうと、ちょっとした揺さぶりですぐ心が折れやすくなってしまう。
利益がでているうちは良いのだが、思いに反して逆に動くと、張っている額も大きいだけに、1日で目が飛び出るような金額が失われることとなる。
昨日も、結果として7割ほどは買い戻したのだが、今思えば、半分程度にしておけばという感じであった。

私の場合、1回スイッチが入ると、買うにしても売りにしても、まとめて処理したい傾向があるらしく、昨日も気が付いたら7割ほどを買い戻していたという感じだ。
逆にまとめて処理しないと、迷いが生じて、結果さばけないことも、ままあるからして、そのような動きとなるわけである。

さて、今日は、性懲りもなく空売りをまたすることとなったが、それでも、昨日のピークに比べると4割程度の金額である。
個人的には、現在程度の比率であれば、15500円程度までは耐えぬく方向で考えている。

現在は若干上昇が強い流れとなっているが、下げ基調で考えている私としては、14800円を引けで割ると、流れが変わり、また、14500円を引けで割ると、リバウンド終了の合図となるのではないかと考えている。
合わせて、円相場が102円を再度割り込み、米株が16000を割り込むと、より一層下げモードが加速するのではないかと考える。

一方マザーズだが、本日も小幅な動きに終始することとなったが、何気に煮詰まり感が出てきていることに注目である。
もし、明日引けベースで840あたりを割ってくるようだと、大きく下げた後のプチダブルトップが意識されることとなり、日経平均が下がるようだと、こちらも連動して大きく下げこんでくるのではないかと考える。

先月の今頃は、3668コロプラが超絶決算を発表したこともあり、コロプラ三昧していたわけだが、本日のチャートを見てみると、大きく下げた後、若干リバウンドし、窓埋めが完了して、更なる下落と対峙している感がある。

現在2927円だが、3000円を大きく超える展開にはなかなかなりづらいのではないかと感じている。
逆に、マザーズ指数が大きく落ち込むようだと、コロプラもただでは済まぬような気がするのだが・・・

最後に、今回のリバウンド相場は、現時点ではとっくに終わり、下げモード第2弾が決行中の予定であったが、なかなか思い通りにならないのも相場である。

先月は月末から大荒れとなっただけに、空売り隊としては再度の嵐に期待したい。

ではまた





スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

あべくろミクス

Author:あべくろミクス
FC2ブログへようこそ!
記事が「まぁ良いかな」と思ったら、クリックしてください↓

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
994位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
431位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR