FC2ブログ

株日記 アベクロ相場と外国人動向でよよいのよい

アベノミクスと黒田日銀総裁を注目しながらの株日記です。手堅い作戦あり、暴走した作戦ありで期待してください!

円高に完全連動 平均株価は221円安

2014/2/14

日経平均株価 14313円 -221円
外国人動向  590万株 買い越し

本日は、前場に前日比140円高をつけるなど、当初はイメージと違う流れに幻滅することとなった。
正直なところ、米株が少々上げただけで、日本株は倍の反応を示すのが日常茶飯事なのだが、昨日をもってリバウンドが終了し、再びの下落モードに突入と思っていた私としては、少々当てが外れたような形となった。

まぁしょうがないと思いながら、たまに株価と為替をチェックすることとした。

そして、11時過ぎたあたりから円相場が一気に円高に振れ、株価もつれづれなるままにあっという間にプラス圏から200円を超えるマイナスとなった。

本日はこういう流れを予想していたので、遅かれイメージ通りの動きとなりやれやれといったところである。

さて、今後の日経平均株価だが、2日続けての続落からリバウンド終了が濃厚となり、来週あたり14000円をきっぱりと割ってくるようだと、そのまま13000円を割ってくるのではないかと予測している。

私の中では、暴落といえばついついライブドアショックと重ねてしまう傾向があり、ついつい大げさな予想となってしまうが、これはあくまで予想の範囲であり、絶対起きるとは限らない。(予想とはそんなものである。)
重要なことは、現在が上昇トレンドが、下落モードかを見極めたうえで、勝負を決行することである。

極論いえば、私は、予想的には12400円前後まで落ちるのではないかと思っているが、とんでもない材料が出てくれば、いつでも空売りを放棄して、買い勝負する心構えはできている。

株で勝つためには、私が思うに全体の相場の方向性を読んだうえで、臨機応変に立ち回るといったことではないかと思っている。

もちろん、いまだに買いと思って買った後に、逆に下げることは日常茶飯事であり、完璧に立ち回ることはありえないということも、私の中では織り込み済みである。
「しまった」と思ったら、負けを認める勇気も必要である。

次にマザーズであるが、本日は2%ほどの下落となった。
昨日ブログで書いた、1日8%を越える大暴落の前の、準備運動的な下げである。

2%とはいえ、昨日の下落と合わせると5%を越える下落幅である。

来週あたり、超大暴落はおきるかもしれないが、このボディブローと合わせると20%を越える下落幅となってしまい、買い勝負をしている人にとっては、一大事な話である。

個人的な予想だが、もし来週大暴落がおきるとするならば、マザーズ指数は680あたりまで落ちるのではないかと思っている。
そんな妄想状態であるからして、現在は買い勝負はしていないが、もし、そこまで下がる場面があれば買い出動もありかもしれない。
このあたりは、あくまで一個人の予想なので、「そんな馬鹿な、超大暴落が何回も起きるわけはない、ここからは上昇だ」と予想される方は、自分を信じて戦って頂きたい。

次に、今日は個別の空売り銘柄で4819デジタルガレージという銘柄がストップ安となっていた。
決算が悪かったということらしいが、個人的にはサプライズであった。

もっとも、3751日本アジアなどは580円で空売りした後、本日630円と逆走している状態であり、必ずしも全部がうまくいっているわけではない。

ただ、現在20種類程度の銘柄を空売りしているので、失敗銘柄もいくつかはある。
空売りとはいえ、一銘柄集中をすると逆走したときに目も当てられない結果となるので、できる範囲で銘柄分散は重要であると考える。

最後に、本丸の米株がそこまで崩れていないことから、逆に本日の夜から来週にかけて下げる余地が大いに出てきたのではないかと思っている。
米株が下がるということは、やはり日本株も苦戦は必至であり、円相場同様、米株動向にも最善の注意を払いたいところである。

ではまた



スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

あべくろミクス

Author:あべくろミクス
FC2ブログへようこそ!
記事が「まぁ良いかな」と思ったら、クリックしてください↓

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
997位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
442位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR