FC2ブログ

株日記 アベクロ相場と外国人動向でよよいのよい

アベノミクスと黒田日銀総裁を注目しながらの株日記です。手堅い作戦あり、暴走した作戦ありで期待してください!

日経平均610円安 マザーズも連日の暴落

2014/2/4

日経平均株価 14008円 -610円
外国人動向  1150万株 売り越し

日経平均株価は今年最大の下落幅となる610円安となっている。
昨日までの段階で、かなり下げすぎていたこともあり、本日あたりは200円以上の返しがあっても不思議はないと思っていた。
しかし、朝一、例のごとく米株をチェックすると300を超える暴落に少々びっくりし、「まじかいな」と思ったのもつかの間、円相場もまたまた1円円高に振れていた。
この短期間にいったい何度の1円円高が発生すれば気が済むのかと思うと同時に、本日も日経平均、マザーズ、ジャスダックは大変な事態になることが想定できた。

それにしても、日経平均株価がこの短期間にこれだけ下がったのであるから驚きである。
私の中では、日経平均は昨年6月安値近辺の12500円あたりを想定しているのだが、もう少し緩やかな感じで下がることを想定していた。
このあたりは、何日か前のブログで6月安値を意識するようなことを書いているので、私が書いていることをまじめに受け取って、なんらかの対策をしている方は、今回は命拾いをしたのではないかと思っている。

そして、マザーズも一大事となり、私の中の想定を超える動きに、かなり攪乱されることとなり、正直私もパニックと隣り合わせの取引となった。

昨日のブログで書いた通り、本日は朝から状況によっては買いをいれるつもりであった。
昨晩の作戦では、朝20あたりの下げから徐々に下げこみ昼ごろに80程度下げたところを一気に買おうと思っていた。
ちなみに買い候補は15銘柄ほど決めていた。

しかしである、朝一から120ほど下げる想定外の事態に頭を抱える。
朝一の寄り板を見ると、爆下げ確定モードとなっていた。
それでも、マザーズ指数のスタートは前日比20ほど安い位置からのスタートであったのだが、何故にこの非常事態にたったの20しか下げていないのか、前から不思議に思っていた。
(前からというのは、昨年6月あたりのおきた、 マザーズショックなどのことである。) 

そして、そのからくりが明白になる。

マザーズ銘柄のほとんどが、朝の20分程度以上値がつかなかったのである。
朝一、奇跡的に値がついたものだけがマザーズ指数の対象値になるものと思われ、早めに値がついたものは3%前後の下げだったためにおきた、まさかの現象であった。

というところは、今後の参考程度にといったところだが、朝一想定以上に大きな下げだったため、今日買うことは正しいのだろうかと、値がつかない板を見ながらひとり悩んでいた。

しかし、事態は急変する。
なんと、9時30分頃から1時間もしない間に、マザーズ指数が50も復活したのである。

正直パニックになった。

10時10分ころまで傍観していたのだが、ある程度買う算段をしていたためここからの買い参加である。
本来であれば、こういう得体のしれない相場のときは後場に仕入れたいというのが本音である。

なぜかというと、9時30分の反転は本日の底確定ということではないからである。
下手を打つと、10時30分くらいに買いをいれさせられて、後場に入ると、朝一安値を下回る展開なども十分考えられるからだ。
その点、後場安を確認してからの買いは、少なくとも、本日の大赤字は免れることができるため、気分としてはそういう展開を待っていた。

後場に買いたいという気持ちから、朝一反転の買いは控えたのだが、指数が800を超えてきたら「しょうがない」の精神で買いを入れる。
結果的には、マザーズ指数が810前後での買いであったので、終値が790ということでは、買いの部分に関しては少々赤字という結末となった。

今回は、新興銘柄の空売りも並行していたため、そこを買い戻す作業も一苦労であったため余計にパニックをすることとなった。

さて、ここでの私のポジションを一部紹介してみたい。

まず、東証1部銘柄の空売りは、続行中。
新興銘柄の空売りは、本日、買い戻し完了のため現在無。
そして、新興銘柄の買いが現金分全部といった感じである。

ちなみに買いと空売りのバランスは 買い5:空売り4 である。

ここで、新興銘柄の買いは現金分程度の買いとしたのだが、実は、勇み足で、信用枠を使い現金分の20%程度を証券会社から借りて勝負してしまったのだ。

810程度で買った後は、じり貧状態になったため、また、半分程度がIPO銘柄であったため、そこから適度に下がった結果、思いのほかダメージを受け、目が覚めることとなった。

しょうがないので、信用分は一回整理して、現物のみ持越し勝負としたわけである。

私の中では、さすがに明日あたりはよほどの事件がない限り、いくらか復活すると思うのだが、最悪でも現物分の10%程度の負けであれば、勝負にいった結果として受け止める準備はできている。
もっとも空売りも続行中なので、全体が下がると保険も効くようにはなっているので、その点を考慮すると超絶な敗北はないのではないかと考えている。

最後に、マザーズ指数の着地点であるが、これも日経平均同様、昨年の6月安値で600円前後を想定したい。
ここからどういう展開になるかは、なかなか難しいところだが、臨機応変にのぞみたい。

ではまた


スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

あべくろミクス

Author:あべくろミクス
FC2ブログへようこそ!
記事が「まぁ良いかな」と思ったら、クリックしてください↓

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
829位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
350位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR