株日記 アベクロ相場と外国人動向でよよいのよい

アベノミクスと黒田日銀総裁を注目しながらの株日記です。手堅い作戦あり、暴走した作戦ありで期待してください!

北朝鮮核実験強行につき持ち株70%処分

2017/9/4

日経平均株価 19508円 -183円
外国人動向   190万株 売り越し

本日の日経平均株価は、またしても北朝鮮が核実験を行ったことから、市場に困惑ムードが広がり朝からコンスタントに売りが入り、引けてみれば183円安という、まずまずの下げ幅を記録することとなっている。
個人的には、つい先日、日本上空飛行を果たしていることから、しばらくはミサイル系の実験はないと踏んでいたが、昨日はまさかの核実験、しかも水爆なのではないかといった情報も交錯することとなっている。

とりあえず、北朝鮮がこのタイミングで核実験を行ったということで、建国記念日にあたる9/9前後は万が一が発生するリスクはまずまず考えられる話となってきた。
一応、北朝鮮的には、軍事実験もほぼやりつくしているような感じも取られるわけであるが、この秋こそ、アメリカがどう動くか注目されるところである。

アメリカ的には、今年の4月にひとまずの冷静さを世界にアピールすることを優先したわけであるが、この4か月程度で、北朝鮮の軍事力はまさに日進月歩状態となっており、手を打たない期間が長引けば長引くほど、手におえない状態になっていることがまさに明白になりつつあることがだれの目に見ても明らかである。

また、アメリカのトランプ大統領も、基本的にはやられたらやり返す、やられる前にやるといったタイプの人物と見受けるので、ここまでコケにされている以上、この秋にはなんらかの態度を示さないといけない場面なのではないかと考えるところである。
もし、今回も放置という選択をとり、来年の4月頃になると、完全に北朝鮮が主導権を握る話にもなりかねないので、個人的にはこの9月に何かが起きるのではないかと、勝手に予測してしまったわけである。

さておき、日足チャート的には、ここから20000円を目指すものと見ていたが、もう一段安の可能性もありうる反落となってしまった。
もし、先週つけた安値を下回るような場面となると、本当に19000円割れもあり得る話となってくるので、ここはまさに北朝鮮の動きを見極めたいところである。

次に、マザーズ指数であるが、こちらも先週末まではすっかりと上昇基調に転じたと思っていたが、北核実験において30以上指数は下げることとなっている。
日足チャート的にも、地味地味切り返していたものを、一撃で反落という、形としては結構嫌な感じとなっており、もし、ここから1050を割る話になってくると、一気に1000割れも視野に入ってくるので、そこは重々注意したいところである。

まぁ、そんな感じで、本日は持ち株の70%を売り払う決断をしてしまった。
昨日の段階では、そこまで売り込む気持ちにもならなかったのだが、個人的にもテレビでご指摘のとおり、限りなく緊迫のご意見には賛同しているところであり、何か起きる前にある程度処分してしまったというところである。

一応、残した銘柄であるが、3914ジグソー、2438アスカネット、7191イントラスト、6092エンバイオである。
あとは、3966ユーザベース、3925ダブルスタンダードなど、絶好調銘柄も売り込むこととした。
一応、この2銘柄においては、日足チャート的には、ひとまずの売り時と見て取れるような気もしていたわけであるが、個人的にはなかなか上昇銘柄を売りさばくこともしたくないといったところであったので、売り払いの決断をするにはまさに良い材料であったのかもしれない。

とりあえず、本音を言えばエンバイオも売り払いたいところであったが、本日10%以上の超暴落となったため、明日、もしかの少々切り返しもあるのではないかと思い、ひとまずは売り払いを躊躇したというところである。
一応、北朝鮮においては、明日は何も起こらないと踏んでいるので、エンバイオには半値返し程を期待したいところである。

あと、ジグソーとアスカネットにおいては、心中のつもりで持ち続けることとしている。
イントラストは、先週に買ったばかりで、過熱感もあまりないので、とりあえず様子見といったところである。

最後に、北朝鮮には、今年の4月以降2度目の売り払いをさせられているわけであるが、吉と出るか凶と出るかは分からない。
もしかのアメリカ軍一斉攻撃もあるかもしれないが、攻めたからといって市場が予想している恐ろしい話ばかりではなく、もしかしたら、アメリカの攻撃がすさまじく、数日で事態が収拾するといったことも予想され、そうなるとまさかの株価急騰といったことも考えられるところである。

まぁ、一番したくないシナリオは、攻撃が始まると一時的には暴落すると思うが、そこで売らされて、結局のところ上記のような話となり、買い戻しができない状況になるのが本当に怖いような気がするところである。

一応、個人的には、そうかといって、怖い部分もあるので、いくらか売り抜けたといったところである。

それではまた


スポンサーサイト
トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

あべくろミクス

Author:あべくろミクス
FC2ブログへようこそ!
記事が「まぁ良いかな」と思ったら、クリックしてください↓

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1734位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
640位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR