fc2ブログ

株日記 アベクロ相場と外国人動向でよよいのよい

アベノミクスと黒田日銀総裁を注目しながらの株日記です。手堅い作戦あり、暴走した作戦ありで期待してください!

日経平均は165円高にて、高値圏継続

2023/11/30

日経平均株価 33486円 +165円

本日の日経平均株価は、165円高とひとまずの切り返しとなっている。
とりあえず、高値圏での攻防を一気に抜けてくることにはなっていないが、この調整が終わるころには、なんらかの答えが見れるものと感じるところである。

次にグロース指数であるが、-4と小幅反落となっている。
とりあえず、こちらは日経平均のように高値圏でも何でもないが、700を超えたあたりでの小康状態となっており、ひとまずのきっかけ待ちといったようなところである。
まぁ、あまり気にする必要もないところである。

あと、持ち株陣であるが、小さい範囲で高安まちまちとなり、トータルでは微増という結果に終わっている。
とりあえず、円安にドル円が向いていることで、銀行チームがいまいちな日々となっているが、業績自体は悪くないところで、引き続き勝負続行の精神で乗り切りたいとするところである。

最後に、11月も早おわり、明日から12月であるが、今年の年末相場は一段高となるのか、他の投資家同様、期待するところである。
まぁ、無理をしない範囲で、相場と向き合いたいとするところである。

それではまた

スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |

円高にてメガバンクは下落

2023/11/29

日経平均株価 33321円 -87円

本日の日経平均株価は、87円安となっている。
まぁ、高値圏で伸び悩んでいるようにも見えるが、今月初めに急騰していることなども鑑みると、妥当な調整といえそうなところである。
とりあえず、昨日も書いた通り33000円を割らない限りは特に何も気にする必要はないといえそうなところである。

次にグロース指数であるが、+9と反発することとなっている。
形的には、明日以降、上昇の芽が強くなっても不思議はないところであるが、次の目標750オーバーに向けて上昇を続けていただきたいとするところである。

あと、持ち株陣であるが、円高の影響もあってかメガバンク、住信SBI銀行が3%前後の大幅下落となってしまい、本日の収支に大打撃を与えることとなっている。
また、旅行関連も低迷が続き、最近にぎわっていた6521オキサイドも200円安と大きく下落で、収支も適度な赤字となってしまった。
まぁ、経済的には120円程度の円高が良いような気はするが、そうすると銀行チームもどうなるのか、一抹の不安は残るところである。

最後に、高値圏での調整となっている日経平均であるが、明日以降、年末相場に向けて更なる飛躍も期待できるところでもあるので、個人的には持ち株そのままに、引き続き期待したいところである。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |

6521オキサイドの復活続く

2023/11/27

日経平均株価 33447円 -177円

本日の日経平均株価は、朝から少しばかりプラスで始まったが、高値圏が意識される展開となり、引けてみれば177円安とボチボチの下落となっている。
まぁ、日足的には33000円を割らない範囲で、調整的な動きを続けていただければよいと考えるところであるが、年末相場に向けて大きく上昇を期待したいところである。

次にグロース指数であるが、-4と小幅下落となっている。
まぁ、特に気にするところでもないが、こちらは700を割らなければ良いの精神で乗り切りたいとするところである。

あと、持ち株陣であるが、ここ最近復調が続く6521オキサイドであるが、455円高というところで3510円で引けている。
まぁ、ここ最近は一気に戻してきたところであるが、これでもまだ赤字という現実があり、少々情けないところでもある。
ただ、買値が3800円程度なので、もう少しで元が見えてきたところなので、引き続きの急騰劇に期待したいところである。

また、本日はメガバンクチームが安定した上昇となり、全体収支も適度に上昇となっている。

最後に、メガバンクチームにおいては9月からの調整局面が続いているところであるが、そろそろの上抜けも期待したいところである。
まぁ、8306三菱UFJの場合は9月高値の1344円を抜いてくると、次のステージも出てきそうなので、引き続き期待したいところである。

それではまた

トラックバック:0 | コメント:0 | top |

日経平均173円高も伸び悩む

2023/11/24

日経平均株価 33625円 +173円

本日の日経平均株価は、前場350円程度高い場面も見られたが、11時を回ると、地味に売りが優勢となり、引けてみれば173円高となっている。
まぁ、現水準が今年の高値水域となるので、一気に抜くということにもならないといったところで、特にあまり気にする場面でもないといえそうなところである。

次にグロース指数であるが、+3と小幅高ではあるが、とりあえず地味に右肩上がりとはなっているので、来週以降もゆっくりと上昇していただきたいとするところである。

あと、持ち株陣であるが、銀行チームと旅行チームがいまいちパッとしなかった関係もあり、収支は微減となっている。
まぁ、大きな下げではないので、特に気にする必要もないところで、来週以降に期待したいところである。

最後に、年末相場が近づいてくるところであるが、グロース関連は例年は年末相場で値を崩す場面も多くみられるところなので、今年こそは、なんとか耐え忍んでほしいところである。
一部では、年末相場に向けて、楽観する声もあるところであるが、実際はその時が来てみないと分からないので、引き続き、慎重に持ち株そのままに乗り越えたいとするところである。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |

日経平均は高値圏の調整続く

2023/11/21

日経平均株価 33354円 -33円

本日の日経平均株価は、33円安と小幅安となっている。
まぁ、特に異常なしといったところではあるが、もう少々は高値圏で値固めをしていくのではないかと思われるところである。
とりあえず、下手な売り買いはせずに持ち株そのままに見守りたいとするところである。

次にグロース指数であるが、+12と日経平均とは逆の展開となっている。
まぁ、10月までは売り込まれていただけに、そろそろの底打ちも意識されるところで、上昇の足を速めていただきたいとするところである。

あと、持ち株陣であるが、6521オキサイドが本日も10%を超える上昇となり、大きく連騰することとなっている。
まぁ、3000円を回復してヤレヤレといったところでもあるが、本日ひとまずの窓埋めとも見て取れるところもあるので、明日以降、注意は必要といえそうなところである。
また、3200円を抜いてこないことには、流れが変わったとも言えないので、明日以降、正念場を迎えるところである。
後の銘柄は、頼みの銀行チームが総崩れとなってしまい、収支は微減となってしまった。
まぁ、円高に振れると銀行株はやはり影響を受けるようなところなのかもしれない。

最後に、ここにきてグロース指数に買いが集まってきているような状態であり、個人投資家も今度こそはの精神で立ち望むのではないかと思われるところである。
ただ、先月までに私を含め、投資金を大きく目減りさせた投資家も多いと思われるので、なかなか追撃買いも難しいのではないかと思われるところである。
まぁ、あまり欲をかかないことが、被害を最小限に食い止めると心得たいところである。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |

日経平均反落もグロース指数は大幅高

2023/11/20

日経平均株価 33388円 -197円

本日の日経平均株価は、朝から200円以上の上昇をする場面も見られたが、9時30分あたりから様子がおかしくなり、一気にマイ転すると、その後も復活の展開とはならず、197円安と適度な下落に落ち着いている。
まぁ、まだ先週の800円高の後遺症が残っている感もあり、高値圏で調整的な動きが続く可能性もあるところである。

次にグロース指数であるが、+16と上昇しており、710で引けることとなっている。
とりあえず700の壁を一気に超えてきたことで、上が意識されやすくなるが、当面は700を割らなければ良いといった意識で見守りたいとするところである。

あと、持ち株陣であるが、6521オキサイドが珍しく急騰となり、268円高の10%上昇となっている。
まぁ、今月前半までは売り込まれていたが、個人的にはすっかり放置状態となっていた。
まぁ、平均買い単価が3810円程度なので、まだまだ道は険しいが、上を目指して頑張っていただきたいとするところである。
まぁ、業績が悪くとも、新興銘柄の場合、こうした抜き打ち的な急騰があるので、なかなか売るに売れないところでもあるが、下手を掴まされると、下まで持っていかれることもあるので、注意が必要である。
あと、他の持ち株陣も全般的には安定していたところで、収支もプラスであった。

最後に、日経平均は本日は上昇とならなかったが、あまり急に上昇しすぎても、先日までのような状態となるので、ほどほどに上昇していただくのが一番良いと感じるところである。
まぁ、信用取引には手を出さず、現状そのままに乗り切りたいとするところである。

それではまた

トラックバック:0 | コメント:0 | top |

7794イーディーピーは上昇もよくわからない展開

2023/11/17

日経平均株価 33585円 +160円

本日の日経平均株価は、朝からマイナス圏に沈んでいたが、朝安後は切り返す展開となり、引けてみれば160円高とボチボチの展開となっている。
とりあえず、日足的には直近の高値圏に位置しており、6月高値の33772円を抜けてくるか注目されるところである。
もし、抜けてきて34000円を超えるような展開になると、次のステージに突入した感が強くなるので、年末ラリーに向けて期待ができそうなところである。

次にグロース指数であるが、+3とこちらもマイナス圏からプラ転となっている。
まぁ、日足週足的には、まだ底辺模索の可能性も残されているところであるが、先月まではある意味下げ放題であったので、そろそろの反転攻勢があってもよいといえそうなところである。

あと、持ち株陣であるが、大暴れしたようなものはなかったが、全般的に上昇銘柄が多かったところで、収支もボチボチプラスであった。
あと、先日、悪決算で急落場面もあった7794イーディーピーであるが、本日も上昇となり、決算前水準に早戻った感がある。
まぁ、決算内容からすると、1000円に向かってもよさそうな内容だったが、そうはならないところで、新興市場銘柄の真実が何かわからない日々は続くところである。

最後に、少し前までは、底辺をさまようような展開も見受けられていたところであるが、上がるときも割合一気に上昇するので、短期的な視点ではなく、ある程度、長期目線でやりくりしていきたいとするところである。

それではまた

トラックバック:0 | コメント:0 | top |

日本株は小幅下落にて一服

2023/11/16

日経平均株価 33424円 -95円

本日の日経平均株価は、95円安と小幅下落となっている。
とりあえず、昨日大幅高となっていただけに、調整的な意味合いもある下落だったと感じるところである。
まぁ、引き続き新高値を狙える位置ではあるので、明日以降も引き続き注目したいところである。

次にグロース指数であるが、こちらは前日比ほぼ変わらずの-0.6となっている。
とりあえず、700が一つの壁になっているところであるが、明日以降、700を突破してくるような場面があると、勢いがつく可能性もあるので、今度こそはの精神で期待したいところである。

あと、持ち株陣であるが、6521オキサイドが6%程度の上昇となり、2563円で引けることとなっている。
まぁ、平均買い単価が38万少々なので、いまだ呆れる水準を推移しているところであるが、昨日の6554エスユーエスのように、何が真実か分からないのが新興市場でもあるので、引き続き持ち続けたいところである。
あとは、メガバンクの一角8316三井住友銀行が2.6%上昇したこともあり、収支も少しだけ回復基調という感じである。

最後に、日本株も昨日の急騰をもって、次のステージに進んでいただきたいとするところであるが、そうは甘くないのもこの世の常である。
まぁ、いつ急騰モードになってもいいよう、下手な持ち株整理はしないように注意しつつ、その時を待ちたいとするところである。

それではまた

トラックバック:0 | コメント:0 | top |

6554エスユーエス一転ストップ高も腑に落ちず

2023/11/15

日経平均株価 33519円 +823円

本日の日経平均株価は、823円高と一気に33000円を抜いてきており、引けベースでは33519円となっている。
まぁ、米利上げムードが縮小してというところであるが、日足的には新高値を抜くか否かといった位置となっているので、引き続き期待したいところである。

次にマザーズ指数であるが、+19とこちらも大きく上昇しており、反騰の兆しも見えてきているところである。
とりあえずは、目先の700を突破していただき、久々の上昇気流に乗っていただきたいとするところである。

あと、持ち株陣であるが、6554エスユーエスがひとまずの好決算というところで、ストップ高となっている。
まぁ、この銘柄は、10/23日に業績下方修正を発表しており、その際、急落状態となってしまい、昨日迄、絶不調にあえいでいた。
まぁ、個人的には920円程度で購入後、放置しており、呆れるのみになっていたが、なんとか復活の芽も出てきたように感じるところである。
と言いたいところであるが、前回の下方修正から1ヵ月も経たないうちにこうした急騰に正直うんざりするところもある。
まぁ、好決算が控えているのは会社関係者なら知っていたと思うのだが、あえて下方修正で庶民投資家を振い落しにかけ、本日の急騰劇で置いていくという、手法としてはいかがなものかといったところである。
まぁ、それが新興市場銘柄というところでもあるが、こうした動きを見ていると、やはり安心して勝負できる市場ではないのだなと改めて感じるところである。

あと、本日は金利がマイルドな情報というところで、メガバンクチームは下げ、収支は少し程度の上昇に留まることとなってしまった。

最後に、日本株もここ数日調整気味に推移していたが、よもやの急騰というところで、年末ラリーに向けて上向きな展開も期待できそうな雰囲気となってきた。
まぁ、そうかといって、急に落とされることも日常茶飯事なので、やはり現物投資のみでやりくりしていきたいとするところである。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |

7794イーディーピー決算×で急落

2023/11/13

日経平均株価 32585円 +17円

本日の日経平均株価は、17円高と小幅上昇となっている。
まぁ、先週末に米株が大きく上昇していたので、200円以上は上昇するのではと思っていたが、ふたを開けてみれば期待を裏切る結果となっている。
とりあえず、33000円手前の膠着状態が続いているということで、引き続き期待したいところである。

次にグロース指数であるが、-1とこちらも先週末比ほぼ変わらずであった。
とりあえず、25日移動平均線を割らなければ良いと考えるが、ひとまずはなんとか700回復に向けて動いてほしいところである。

あと、持ち株陣であるが、7794イーディーピーが悪決算の赤字転落にて10%下落となっている。
まぁ、グロース市場の赤字転落ということであれば、ストップ安になってもおかしくはないところであったが、何とか10%下落に留まり、最悪とはならなかったところである。
まぁ、新興市場全般に言えることであるが、1年前はこの銘柄も四季報を見る限りはある意味最強に業績が良いと見せかけていた。
そして、短期間のうちに悪決算ということで、素人投資家はどうにもこうにもならないといった状況になるという、ある意味、毎度お馴染みの展開にやられるところである。
まぁ、その辺の小さな会社ではなく、上場までしているのだから、そうした適当な決算を発表するのではなく、その程度の企業であれば、わざわざ上場しないでいただきたいと思うところである。

まぁ、そんなこんなで収支は少しマイナスとなってしまった。

最後に、本日のイーディーピーをはじめ、決算急落となる銘柄が多くなるのも、恒例行事ののような感があるが、新興市場にあまりのめり込むのではなく、ある程度は225銘柄に振っておいたほうがよさそうと感じるところである。

それではまた

トラックバック:0 | コメント:0 | top |

日本株は大崩れから持ちなおす

2023/11/10

日経平均株価 32568円 -78円

本日の日経平均株価は、前場400円近く下落する場面も見られたが、10時あたりから少しずつ回復基調となり、引けてみれば78円下落と小幅な下げで切り抜けることとなっている。
とりあえず、日足的には32500円もつれで膠着状態となっているが、33000円抜けを前に、この水準でパワーをためることは悪いことではないので、当面は32000円を割らなければよい程度の気持ちで乗り切りたいとするところである。

次にグロース指数であるが、-12と適度な下落となっている。
まぁ、グロースにおいては、まだ信頼できる部分も少なく、上昇転嫁したとも言い難いが、ここからは大きな下げもないものと信じて、その時を待ちたいとするところである。

あと、持ち株陣であるが、メガバンクが少しずつ上昇となり、また、7163住信SBIネット銀行も54円高で、久々に終値ベースで1700円台を回復することとなっている。
まぁ、この銘柄においては数ヵ月停滞する日々が続いていたが、先月あたりから徐々に上昇の展開となっている。
とりあえず5月高値の1860円が目標とはなるが、あまり急ぎ過ぎず、その時を迎えていただきたいとするところである。

あとは、6554エスユーエス、6521オキサイドなどは引き続き不調継続というところで、相変わらず悩ましい動きに終始するところである。

最後に、徐々に年末相場となってきており、今年はここからもうひと上昇あるのか注目したいところである。
まぁ、そうかといって、基本的には銀行株が持ち株の半分以上を占める状況なので、なんとか銀行株には踏ん張っていただきたいとするところである。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |

日経平均は反騰479円高 銀行株は踏みとどまる

2023/11/9

日経平均株価 32646円 +479円

本日の日経平均株価は、479円高と一転大幅高となっている。
とりあえず、33000円を目前にしているところで、近日中にこの水準を抜いてくるか注目されるところである。
まぁ、一日単位のボラは大きいが、中期的には横横モードなので、あまり右往左往せず、ある程度の信念をもって勝負続行とするところである。

次にマザーズ指数であるが、+2と小幅高となっている。
まぁ、マーケットスピードの画面を見ると、いつの間にかグロース250の表記となっているが、明日以降はグロースの呼び名に変更しようかというところである。
まぁ、名称を変える理由もよくわからないが、名前が変ったとて、新興市場が活性化とはならないようなところであるので、引き続き、今までのスタンスで臨みたいとするところである。

あと、持ち株陣であるが、昨日大崩れした銀行株が朝から大きく続落してしまい、本日もある意味大ピンチとなっていた。
ただ、前場の早い段階で売りが一巡すると、買戻しの動きが台頭してくる展開となり、プラ転となる銀行銘柄も普通に出てきたところである。
まぁ、銀行株においては、下ひげがついたような感じなので、ひとまずのセリクラ完了となってほしいところである。

最後に、下がったと思ったら、本日のように大きく上昇するようなことが普通に発生しているが、下手に売り買いすると往復びんたとなる可能性もあるので、少々のことには目をつぶり、なんとかやり過ごしたいところである。

それではまた

トラックバック:0 | コメント:0 | top |

頼みのメガバンク大崩れ

2023/11/8

日経平均株価 32166円 -105円

本日の日経平均株価は105円安と続落となっている。
とりあえず、急騰の反動というところでもあるので、窓埋め水準となる32000円程度までは許容したいところである。
まぁ、日足を見ると、33000円あたりから、急に上値が重くなっているのが見て取れるので、ここらで小休止の後、一気に抜いてほしいところである。

次にマザーズ指数であるが、-3と小幅下落となっている。
まぁ、相対的には、まだ底辺の攻防を脱したとは言えないが、まずは700オーバーをしっかりと果していただきたいところである。

あと、持ち株陣であるが、メガバンクをはじめとした銀行株全般に急落となっており、個人的にも大打撃となっている。
まぁ、メガバンクにおいては、こうした大崩れはほとんどないものと高を括っていたが、よもやの急落に頭を抱えるところである。
まぁ、銀行株らしく1~2%程度の下落で済んでいれば救いもあるが、4%以上下げると心も痛むところである。
ただ、昨日決算発表だった7163住信SBIネット銀行が84円高と5%を超える上昇となっている。
まぁ、好決算と判断されての上昇といえそうであるが、銀行株ではこの銘柄のみが活躍したというところである。

最後に、日経平均の下落が105円であれば、銀行株の下落もそれに準じたものとなってほしいところであったが、あらためて手堅い話はないと感じるところである。
まぁ、そうかといって、明日以降の銀行株は上げるか下げるか分からないので、引き続きポジションそのままに乗り切りたいとするところである。

それではまた

トラックバック:0 | コメント:0 | top |

日本株は連騰 再度の上抜けチャレンジ

2023/11/2

日経平均株価 31949円 +348円

本日の日経平均株価は、348円高と連騰となっている。
とりあえず、32000円あたりの最近の水準に戻ったという感じであるが、ここ最近は大幅下落と大幅高が往ったり来たりという感じで、安定という感じではないところである。
まぁ10月初めのだまし下げは、日足的には、売りサインと言えるところであるが、結果は32000円程度まで戻ったというところで、下手な売り工作は後々困るといった典型的な状況といえそうである。

次にマザーズ指数であるが、昨日の下落効果もあってか、本日は+21と大幅高となっている。
まぁ、たまには上昇していただかないと、連日大赤字となるところでもあるので、そろそろの反転上昇を期待したいところである。

あと、持ち株陣であるが、本日は旅行関連で3926オープンドアを789円で購入となっている。
まぁ、オープンドアにおいては、今年初めは1800円程度まであったものの、700円まで急落した関係もあり、日足的にはかなり無残な状況である。
まぁ、円安がさらに続くと、下落は継続の可能性もあり、そうなると500円とかも見えてきそうなところであるが、日足的には、そろそろの反転も見えつつあると勝手に解釈したうえで、思い込みとしては底値買いといったところである。

まぁ、本銘柄においては、2000円程度の時に買い候補にもしていたわけであるが、資金繰りの関係もあり見送っていたところである。
とりあえずは、旅行関連全般に急落が続いていたところでもあるので、そろそろの復活を期待したいところである。

あとは、連日下げ放題であった7794イーディーピーが久々に上昇となり、96円高で引けている。
まぁ、2500円程度で購入して、本日の引けが1564円なので、呆れて放置したような状態であったが、一昔前は大暴れした銘柄だけに、何かをきっかけに復活していただきたいところである。

最後に、日本株はまたまた大幅高が続き、復活の期待も高まるが、ここ数ヵ月は、そうした展開が続くところで、裏切り続けられたところでもある。
まぁ、あまり期待せずに、下手な売りを仕掛けないよう気を付けつつ、持ち株そのままに乗り越えたいとするところである。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |

日経平均は742円高もマザーズ指数は反落

2023/11/1

日経平均株価 31601円 +742円

本日の日経平均株価は、742円高と大きく上昇することとなっている。
とりあえず、30000円に迫るタイミングで、大きく反転上昇となったので、30000円を割るか否かといったところが当面の焦点となりそうである。
まぁ、本日は急騰となったものの、日足的には、上昇モード転換となったわけではないので、引き続き、持ち株そのままに様子見のスタンスで乗り切りたいとするところである。

次にマザーズ指数であるが、642で引けており、反落という結果となっている。
まぁ、日経平均が742円高というところであれば、最低でもプラス引け、まぁ+10くらいはあってもよさそうと思えるところであるが、この辺りが、マザーズ銘柄に対する失望の根幹といえそうなところである。

とりあえず、持ち株陣であるが、マザーズ銘柄反落の通り、6521オキサイド、7794イーディーピーにおいては、今日も引き続き下落は続いており、一体どこまで下げるのか、不審しか残らないところである。
まぁ、完全に逃げ場もなくなったところであり、ある意味放置の精神で乗り切りたいとするところである。
あと、銀行株は大きく上昇しており、なんだかんだで手堅いのは銀行株だと感じるところである。

最後に、日銀の長期金利に対する考え方も変わりつつあるようで、そういうことであれば、やはり今後も銀行株に籍を置いておいたほうが手堅いといえそうなところである。
まぁ、株の世界では、手堅いと思って購入していた銘柄が、想定外の急落となることもよくあるので、この辺りは、あまり本気で手堅いということを信じることも控えたいところである。

とりあえずは、本日の大幅高の流れを明日にもつなげてほしいところである。

それではまた

トラックバック:0 | コメント:0 | top |
プロフィール

あべくろミクス

Author:あべくろミクス
FC2ブログへようこそ!
記事が「まぁ良いかな」と思ったら、クリックしてください↓

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
656位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
308位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR