FC2ブログ

株日記 アベクロ相場と外国人動向でよよいのよい

アベノミクスと黒田日銀総裁を注目しながらの株日記です。手堅い作戦あり、暴走した作戦ありで期待してください!

ワークマンに見る 手堅い話はない

2019/10/18

日経平均株価 22492円 +40円

本日の日経平均株価は40円高と小幅上昇となっている。
とりあえず、1000円程度一気に上げてきたので、この水準から更なる加速も難しいと考えるところが自然なわけで、来週以降は若干、横横調整を意識しておいたほうが良いかもしれない。
まぁ、日足チャート的には、まったく崩れておらず、これ以上加速すると、過熱感が膨らんでくるので、この辺は小休止で問題ないとするところである。

次にマザーズ指数であるが、こちらも上昇したものの+3と相変わらず煮え切らない日々が続くこととなっている。
とりあえず900を超えてこないことには、マザーズの流れがチェンジしたとも言えないので、もうしばらくは苦しい展開が想定されるが、この辺が底という見方もできないわけではないので、判断にはむずかしさが残るところである。
まぁ、マザーズ指数全体でとらえると、調子は悪いを継続中であるが、個別銘柄的には健闘しているものも案外あるので、何をもっているかで状況も大きく変わりそうなところである。

あと、一昨日の急落時に売り払った7564ワークマンであるが、本日も10%を超える急落となり7550円で引けることとなっている。
つい先日までの、堅調上昇時には、手堅い銘柄として安堵していたわけであるが、さすがに8000円を超えたあたりからは、やり過ぎ感も漂うこととなっており、ひとまずは手放しておいて、ホッとしているというところである。
まぁ、すっかりと新興市場のエース格になっていたところで、私のように誰もが手堅い銘柄として買いが買いを呼んでいた模様であるが、行き過ぎた上昇はこうした暴落をもって終焉を迎えるものと、改めて感じるところである。

とりあえず、ワークマンであるが、本日7550円で引けている。
個人的には、6500円あたりを再度の買い戻しラインと踏んでいるが、7000円を割ったとしたら、そのあたりで、気まぐれ購入もありそうで、どう買いを入れるかは定かではない。
まぁ、来週以降、買い場を見極めて、勝負に打って出たいとするところである。

最後に、外部環境の割には、堅調な日々が続いているように見えるが、ここから更なる上昇を目指すためには、やはりある程度の明るい材料も必要と感じるところであり、まだ、悩まれている方も多いのではないかと感じるところである。

まぁ、余裕資金の範囲内で投資をすることが、やはり一番と言えそうである。

それではまた


スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |

新興市場は復活の兆し見えず

2019/10/17

日経平均株価 22451円 -21円

本日の日経平均株価は21円安と小幅に下げることとなっている。
とりあえず、昨日にチャート上は三空を形成したということで、反落も想定されたわけであるが、ひとまずは急落回避といったところである。
まぁ、日足チャート的には22000円程度までの下落があったとしても、特に不思議なことではないので、その水準までは特にあわてる必要もないといえそうなところである。

次にマザーズ指数であるが、前日の引けとほぼ変わらずの水準で引けることとなっている。
まぁ、マザーズ指数においては、日経平均がここ最近のように大幅上昇をしても逆走をしたり、日経平均が本日のように動きなしでも動きなしと、調子が出ないと本当にからきしなので、エンジンがかかるのを待つより仕方がないといったところである。

まぁ、日足チャート的には、下値の水準に達しているかのようにも見えるので、明日以降、反転を期待したいところである。

あと、持ち株陣であるが、全体を通して小幅安となり、特に明るい話題はない。
昨日8350円で売り払った7564ワークマンも8390円で引けており、一夜にして立場は逆転といったところである。
とりあえず、ワークマンに関して今後の流れを予想すると、本日のような感じで少し切り返して、再度の調整に入るのではないかと感じるところであり、最終的には7000円を割るような水準まで下落するのではないかと、都合の良い妄想に浸ることとなっている。

ただ、昨日のような大陰線を付けた後は、地道に切り返すパターンも案外あるので、明日以降、少しずつ元に戻し、そうなると案外早い段階で、9000円台の復活もありうる可能性があるので、この辺は日足チャートを読み切る必要が出てくるというところである。

最後に、ワークマンも昨日売り払ってしまったが、売り払い後に逆走することも普通にあるので、そうなると再度のINが難しくなるというリスクも抱えてしまうことになりうるので、やはり、好調銘柄の売りに関してはある程度の覚悟が必要なのではないかと、感じるところである。

まぁ、すべては結果なので、逆走して上昇してしまったら、あっさりと引き下がることも念頭に勝負を進めていきたいとするところである。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |

ワークマン崩壊 12.8%下落

2019/10/16

日経平均株価 22472円 +265円

本日の日経平均株価は、米株高と円安を受けて一時400円以上急騰する場面も見られた。
ただ、3営業日続けての大幅高にて買いすぎも意識され、途中からは調整気味に売りが膨らみ、引けてみれば265円高となっている。
とりあえず、今年の最高値を超えてきたので、明日以降、さらに楽しみとしたいところであるが、本日をもって、日足チャート的には三空ができてしまい、明日以降、三空調整も意識されるので、手放しで楽観的にはなれないといったところである。

次にマザーズ指数であるが、日経平均が年初来高値となったのとは対照的に、-8と下げが優勢となり、年初来安値を意識する水準まで下げることとなっている。
とりあえず、日足チャート的には840前後で耐えてほしいところであるが、そうそう都合が良い方向に行くとも思えず、新興銘柄の投資家たちは、やきもきしているのではないかと勝手に想像するところである。

あと、持ち株陣であるが、手堅い銘柄として購入し、最近爆騰を続けていた7564ワークマンがついに崩壊することとなった。
前場は、さらに値を伸ばし、最大9650円まで上昇し、完全に10000円を射程にとらえたわけであるが、11時を回ったところから急落となり、最後は8050円で引けることとなっている。
まぁ、個人的には、昨日の段階でかなりやり過ぎであろうと感じていたわけであるが、その反動がついに本日起こってしまったというところである。

一応、私としては、朝からずっとチャート動向を観察しているわけではないが、11時過ぎごろチェックを入れたところ8800円程度まで下落して推移することとなっていた。
その際には8700円まで下げたら、持ち株処分も頭をよぎったわけであるが、欲に目がくらみ、前場の売り時を逃してしまい、後場、さらに下げが加速してきたところで8350円でひとまず処分することを選択したところである。

まぁ、日足チャート的には7000円前後まで下げても、それが正常と感じるところもあるので、なんとか次は7000円割れの水準で買いを入れたいと考えるところである。
とりあえず、8700円では売りそびれたが、8350円で売り抜けたことで、本日8050円の引け値を見る限りは、ぎりぎり脱出成功と感じるところである。
まぁ、本日は大陰線となったので、明日も警戒が必要なるので、持ち越し組にとっては一転頭痛の種になるかもしれない。

あと、本日は9262シルバーライフを追加購入してしまった。
シルバーライフにおいては8月に買いを入れておいたわけであるが、なんとなくではあるが、期待できそうな値動きと踏んでの追撃購入となってしまった。

一応、本日の収支は、ワークマンの崩壊と、マザーズ指数の下落も相まって、結構な赤字となってしまった。
まぁ、ワークマンにはここまで頑張っていただいたので、ひとまずは感謝といったところである。

最後に、今月に入ってからは、ワークマンの売りをずっと考えていたところであるが、それは年末までに売り切って、赤字相殺を早めにしておきたいという理由からでもある。
調子に乗っている状態であると、なかなか売りを確定することもできないので、本日のように、明日以降、もしかしたら大幅調整がありうるのではないかといったところで売りを決行したというところである。

まぁ、買ったとたんに逆走されると完全に裏目となり、戦意も喪失してしまう危険な賭けとなったところであるが、ひとまずは吉となりやれやれといったところである。

とりあえずは、ワークマンの再度の買い時を見計らいたいとするところである。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |

米中会議無事通過で日経平均大幅高

2019/10/15

日経平均株価 22207円 +408円

本日の日経平均株価は米中会議が無事通過し、また、米株高、円安を反映して、408円高と大きく上昇することとなっている。
とりあえず、本日の上昇をもって、再度の本年度最高値付近に位置することとなり、明日以降、この水準を突破する22500円を超える場面がみられると、今後がより楽しみになるといったところである。

まぁ、世の中的には、圧倒的に悪材料が多いわけであり、そう考えると、買い勝負をしていること自体がおかしな話であるが、チャートが崩れない中、情報以上にチャートの重要性もあるのだなと、改めて感じるところである。

次にマザーズ指数であるが、日経平均の上昇幅を考えると、また、最近の体たらくぶりを考慮すると、+30オーバーとしてほしかったが、結果は+4と微増にとどまっている。
まぁ+4ではあるが、マザーズ銘柄全体を通しては、上昇銘柄数が多数を占めているため、雰囲気的には+15程度の価値はあったように感じるところである。
まぁ、逆に+15であっても結構な下げ数が発生することもあるので、この辺は一概に指数だけで判断できないところもあるといったところである。
とりあえず、マザーズ指数においては、日経平均に比べると圧倒的に出遅れており、今後もし900を突破するような場面があるようであれば、マザーズ銘柄の大幅な躍進もできるのではないかと、勝手な妄想だけは膨らむばかりであるが、現在のところ、なかなかそういった空気にはならず、厳しい状態には変わりがないといったところである。

あと、持ち株陣であるが、7564ワークマンが+420円となり、あっさりと9000円を突破する事態となっている。
個人的には8000円を超えたあたりからは、さすがにやり過ぎではないかと、マイナス思考も発動される事態となっていたが、どうすることもできず、放置を選択しておいたところ、現水準まで上昇しており、全く持って何が正解かと考えるところである。
なお、本日は現金を追加して、3915テラスカイを引け間際に1923円で購入している。
先週末の決算が良かったので、本日はマークをしていたわけであるが、朝高後は売りたたかれ、大きな陰線をもって引けることとなっている。
通常、好決算であっても、こうした大陰線が発生すると、先日私が購入した7048ベルトラのように、結構な期間スランプに陥ることも珍しくはないので、なかなか買い場とも言えなかったところであるが、マザーズ指数自体が絶不調のため、そろそろ全体の底打ちも期待してよいのではないかという、勝手な妄想の元、買いを入れたというところである。

残りの銘柄であるが、3135マーケットエンター、4356応用技術など、堅調に推移したため、1日の収支としてはそこそこ上昇したという感じで、持ち続けていたかいがあったと感じるところである。

最後に、株式投資は買いか売りかの二者択一であるが、今回のように米中協議を前に売り払っていると、今回の恩恵には授かることができなかったと言えるところなので、よほどのプロが、私のように下手な塩漬け作戦でないと都合よい話にはなっていなかったように感じるところである。
もっとも塩漬けの場合、逆走されると、手痛い一撃となるので、やはりプロの技術を習得したほうが良いものと考えるところである。

それではまた

トラックバック:0 | コメント:0 | top |

7564ワークマン、新興市場時価総額首位に躍り出る

2019/10/11

日経平均株価 21798円 +246円

本日の日経平均株価は、米株150ドル高、108円台復活の円安を受けて、朝から高く始まり+246円となっている。
これにて、日足チャート的には、窓を開けた離れ小島ができたので、またしてもリバーサルアイランドを形成してしまったというところである。
つい先週、下げを示唆するリバーサルアイランドができたわけであるが、翌週に逆パターンが出ると、「どういうこと?」と言いたくなるところであるが、来週以降、上昇の芽も普通に出てきたので、ひとまずは歓迎したいというところである。

次にマザーズ指数であるが、日経平均大幅高の恩恵を受けて+20と書きたいところであるが、逆走の-10と相変わらず低迷を続けることとなっている。
まぁ、日経平均が大幅高になっている中、同様に大きく上げろとまでは言わないが、せめて+5とかで引けてほしかったというのが本音のところである。
これにて、マザーズチャート的には、崩壊前夜といった感じで840まで下げることとなっている。
次のターゲットは820だけとなるので、ここを割るか割らぬかといった、最悪の駆け引きに突入しそうになっているので、新興銘柄の投資家たちにとっては、相変わらず憂鬱な日々が続くといったところである。

さて、そんな中、本日の収支は小幅ではあるが少し上昇となっている。
これもあれも、手堅い銘柄と踏んでいた、7564ワークマンが本日も快走状態となり+400円と好調キープとなったことに尽きるところである。
時価総額でも、マクドナルドを抜いて新興市場トップに立ったということである。

それにしてもワークマンにおいては、定石をもって接するならば、週足、月足を参考にすると、7500円程度がトレンドラインにおける上限となるため、そのあたりがまさに売り時だったといえそうなところである。
ただ、7500円にて見切りをつけていると、最近の恩恵には当然授かることができなかったので、今頃は逆の意味で頭を抱えていたといえそうである。

まぁ、日足、月足、チャートを見る限り、最近のワークマンは少々やりすぎと感じているところもあり、冷静な自分はもう売りだろうと感じている一方、日々の上昇に欲をかく自分もいるわけで、なかなか難しい選択となっている。
ただ、個人的には売り場が明確に見えないこともあり、流れのままに持ち続けることを選択することとなっているところである。

最後に、今回の米中会議はひと波乱も辞さないと世の中では言われているわけであるが、株価を見る限りは、思いのほか堅調安泰となっており、個人的には週明けまでにビッグニュースがない限りは、再度の買い勝負も検討してもよいのではないかと考えるところである。
まぁ、都合よくマザーズ銘柄も下値を模索している状況で、買いやすいと言えば買いやすいところである。
ただ、さすがに、この状況ではワークマンは買えないので、都合がよさそうなところを連休中に見繕っておきたいと考えるところである。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |
プロフィール

あべくろミクス

Author:あべくろミクス
FC2ブログへようこそ!
記事が「まぁ良いかな」と思ったら、クリックしてください↓

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
740位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
298位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR