FC2ブログ

株日記 アベクロ相場と外国人動向でよよいのよい

アベノミクスと黒田日銀総裁を注目しながらの株日記です。手堅い作戦あり、暴走した作戦ありで期待してください!

日経平均は123円安 混迷深める

2018/11/16

日経平均株価 21680円 -123円

本日の日経平均株価は米株高を受けて大きく上昇と書きたいところであったが、残念ながら円高パワーに押されることとなり、123円安で引けることとなっている。
とりあえず、日足チャート的には先日の長い下ひげが効いているような形でサポートをしているが、一発大きな下げが入ると、下ひげをあっさりと割り込んでくるので、そうなるとまた下げが加速する可能性が出てくるので、注意が必要である。

次にマザーズ指数であるが、日経平均同様、覇気がなく-8とやはり混迷中である。
まぁ、マザーズ指数においても、数日前の下ひげがサポートしている感があるので、ここを割り込むか否かによって、再度の下げが加速するかどうかといったところになるので、来週はかなりの正念場と見ることができる。

まぁ、日経平均にしても、マザーズ指数にしても、ここ最近は米株と上海株の両方を意識する傾向が強くなっているので、両国の市場動向が大きく日本株にも作用するものと思われるところである。

最後に、今月の短期決戦で購入していた6569日総工産であるが、本日も暴落となり1687円で引けることとなっている。
個人的には3日程度で売り払ったわけであるが、そのときの売却額が約2500円だったことを考えると、この短期間で30%以上の暴落となっている。
まぁ、決算がいまいちだったわけであるが、決算マイナスパワーに加えて、株式売り出しパワーが追加されたことで、投資家からは大きな反感を買うこととなり、まさに売り放題となった模様である。
このように突然事故的な暴落も案外おきやすいので、株式投資はやはり怖い一面も持っているのだなとつくづく感じるところである。

それではまた


スポンサーサイト
トラックバック:0 | コメント:0 | top |

米株大幅安も日本株は小幅安

2018/11/15

日経平均株価 21803円 -42円

本日の日経平均株価は米株が混迷を深める中、一時200円以上値を下げる場面も見られた。
ただ、理由は分からぬが、引けてみれば42円安と、思いのほか堅調に推移することとなり、大荒れということにはなっていない。
まぁ、このあたりは、私が危惧している一昨日の下ヒゲが抵抗線として作用しているところもあるのではないかと思われ、やはり21500円の水準を割り込んでくるのかが焦点になりそうといえそうである。
あと、短期上トレンドラインであるが、角度的には下向きに転換して間がないこともあるため、もうひと波乱は覚悟したほうがよいのではないかと、危険な予感が漂うところである。

次にマザーズ指数であるが、日経平均が小幅下落となった中、+8とプラス域で引けることとなっており、こちらも今日のところは堅調といえそうである。
まぁ、マザーズ指数においても、一昨日の下ヒゲが個人的には下抵抗ラインとみているので、明日以降930を割り込んでくるような場面が見られたら、やはり要注意といったところである。

最後に、米中間選挙は大方の予想通りの結果となってしまったが、株価動向は米中間選挙終了ということで、堅調に上向き推移とはなっていない。
まぁ、米中間選挙を乗り越えると上昇という過去の歴史が作用せず、今回は逆に動いているといった側面もあるので、ここはやはり危険な状況と捉えることができるところである。

まぁ、個人的には傍観である。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |

日本株 昨日の下ひげパワー続かず

2018/11/14

日経平均株価 21846円 +35円

本日の日経平均株価は米株が100ドル程度下げていたにもかかわらず、35円高という結果となり、とりあえずは持ちこたえたといった印象である。
まぁ、朝方は昨日の下ヒゲパワーを継続する動きとなり、一時は200円近い上昇となっていたわけであるが、そのパワーも長くは続かず、次第に地合いの悪さのほうが優先される話となり、株価も徐々に下がる形となってしまった。

とりあえず、本日の日足が十字線となったことで、明日以降、、どちらに動くか難しいところであるが、個人的には下に向かう公算が高いのではないかと考えており、買い勝負云々といったことにはなっていないところである。

次にマザーズ指数であるが、朝から一気に15ほど上昇したものの、日経平均と似たような動きとなり、朝一後は15の貯金を尽き果たすこととなり、引けてみれば-9とあまりよろしくない形となっている。
とりあえず、昨日の下ヒゲを割るかどうかに個人的には注目をしているが、マザーズ指数の場合、こうしたジワリ下げが結構後になってボディーブローのように効いてくるので、引き続き勝負続行中の方としては、要注意なのではないかと考えるところである。

最後に、今回の下げ相場も、やはり米株次第といったところが本音のところであるが、米株が今年初めにつけた23344ドルを割ってくるのか注目である。
もしも割ってくるようであれば、年初来安値を更新するだけに、長年続いてきた上昇相場に終焉が訪れる可能性もあり、世界的な株安が加速する可能性も否定はできないところである。

まぁ、個人的には、現在はひとまず距離を置いているので、引き続き慎重に対応していきたいとするところである。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |

日経平均は急落も後半盛り返す

2018/11/13

日経平均株価 21810円 -459円

本日の日経平均株価は、米株がまたもや急落したことを受け、同調する流れとなり、前場は一時700円以上下げる場面も見られた。
まぁ、米ドルが600ドル程度下げていたわけであるが、日本株は相変わらず、それ以上に下げるのだなと妙に関心をしていたところ、下げが一巡するとまさかの買い戻し状態となり、一時785円あった下げ幅も引けてみれば459円安と300円以上盛り返すことに成功している。

まぁ、日足チャート的には459円安と大きく下げたわけであるが、下ひげの長いローソク足となってしまったので、本日の動きからすると、明日以降は難しい局面とするところである。
ただ、本日の下ひげをまくるような、下値を模索する場面があると、前回安値を割り込む公算がおおきくなるので、ポイントとしての一つに、本日の下ひげを意識しておきたいところである。

次にマザーズ指数であるが、昨日大きく下げ、また本日は日経平均が大荒れとなっていたことから、個人的には50以上の下げもあるのではないかとひそかに感じていたわけであるが、一時30以上指数を落とした後は、日経平均同様盛り返す話となり、引けてみれば-7と比較的堅調であったといえそうである。
ただ、明日以降、こちらも本日の下ひげをまくるような下げになってくると、またもやの900割れも大いにありうるので、やはり下ひげはポイントとなりそうである。

最後に、米株が案の定、まだまだ大荒れモードを維持していることが判明したわけであるが、やはり米株が乱調の中、日本株だけが気持ちよく上昇といったことも考えにくいので、明日以降、米株動向にさらに注意を払いながら、傍観体制で見物と行きたいところである。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |

日経平均は上昇の反動 236円安

2018/11/9

日経平均株価 22250円 -236円

本日の日経平均株価は、昨日大きく上昇した反動もあり236円安と一服することとなった。
一応、日足チャートであるが、ここ数日は5日移動平均線がサポートする形となっており、22000円を再度割らないことには上昇が止まったとも言い難いところである。
そうかといって、22500円~23000円も戻りの上限としては、妥当なラインであり、来週以降、どちらに流れが転ぶかは微妙なところである。

次にマザーズ指数であるが、前場は一気に上昇して1006までつける場面があり、1000を超える話にもなったが、個人的には1000のラインは結構分厚いラインと感じており、ひとまずは引けてみれば1000を割る990となっている。
ただ、日経平均が適度に下げたことと、マザーズ銘柄も決算が本格化していることを考えると、思いのほか、強い動きといえそうである。

あと、ここから先は、やはり米株と中国株動向によって、日本株も大きく揺さぶられると思うが、個人的にはまだまだ安泰とは言い難い状況が続いているとにらんでおり、もう少々は傍観体制で乗り切りたいとするところである。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |
プロフィール

あべくろミクス

Author:あべくろミクス
FC2ブログへようこそ!
記事が「まぁ良いかな」と思ったら、クリックしてください↓

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
913位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
367位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR