株日記 アベクロ相場と外国人動向でよよいのよい

アベノミクスと黒田日銀総裁を注目しながらの株日記です。手堅い作戦あり、暴走した作戦ありで期待してください!

タイミングを逃した投資家たちの行く末

2017/4/27

日経平均株価 19251円 -37円
外国人動向   180万株 売り越し

本日の日経平均株価は、久々に反落したものの38円安と特にチャートに大きな影響を与えるほどの下げとはならなかった。
とりあえず、北朝鮮問題もまだくすぶってはいるものの、本命とされたXdayを特に何の異常もなく切り抜けたことで、どちらかというと上向きモードが続くこととなっている。

ただ、短期間にほぼ1000円程度上昇したこともあり、この辺からは一気の上抜けも難しいと感じるところである。
とりあえず、19500円の攻防が続きそうなところである。

次に、マザーズ指数であるが、今日も堅調に値を伸ばしてきたことで、一昨日の高値を超えてきたこともあり、ここからの上昇基調が期待されるような展開となっている。
とりあえず、北朝鮮問題も終わったので、そろそろ買いも入れねばならぬと感じつつ、いくらか買いを入れることとあいなった。
一応、3914ジグソーを買い増しして、3932アカツキ、7779サイバーダイン、2158FRONTEOを購入した。
指値で他の銘柄もいくらか買いを入れておいたが、残念ながら上昇幅のほうが早すぎて購入が追い付かないところとなっている。

まぁ、任天堂の決算が本日なので、明日、決算明け暴落でも起きれば、買いを入れたいところでもあり、とりあえず、任天堂へ向けての買い余力はまだ残しているといったところである。
一応、任天堂の暴落に期待するには明日位しかないわけであるが、もしも決算がスペシャルなもので、上に一気に駆け抜ける話となると、もう買うに買えない話となってくるので、そこは潔くあきらめも視野に入れておきたいところである。

最後に、北朝鮮問題も何ら解決したとは言い難いところであり、今回、北朝鮮が核実験をしなかったことが米のいう成功とも思えないところであり、北朝鮮危機を理由に株式市場から距離を置いたものたちからすると、非常に迷惑な動きだったと言わざるを得ないところである。
現在の、空母近隣作戦も近くにいてこそ効力も発揮されるものであるが、来月になるとどこかへ行ってしまうと考えるのが普通でもあり、いなくなれば元の木阿弥である。

まぁ、北朝鮮も上層部が変わらない限りは、核の放棄もないところであり、落としどころが難しい問題であるということが、単に露呈しただけのような気がするところである。

今回においては、過度に反応しすぎた自分に少々腹も立っているといったところもあるが、ここから冷静に対処していきたいと考えるところである。

それではまた


スポンサーサイト
トラックバック:0 | コメント:0 | top |

日経平均は連日の大幅高

2017/4/26

日経平均株価 19289円 +210円
外国人動向   70万株 買い越し

北朝鮮問題がひとまず落ち着きを見せたことを受け、日経平均株価は本日も210円高と軽快に値を飛ばすこととなっている。
少なくとも、昨日までは危険な状態であったと解釈していたわけであるが、日経平均株価の日足チャートを見ていると、ただの振るい落としだったのではないかと、完全にしくじった感が満載である。

とりあえず、19289円まで上昇してきたので、19500円を軸とした抵抗線を抜けてくるかに焦点が集まりつつあるが、この短期間に割合一気に上昇がなされたため、INのしどころが難しくなってしまったというところである。

次に、マザーズ指数であるが、こちらも1021で引けることとなり、短期上トレンドラインを抜けてきたことから、ひとまずの調整的な下げが完了したともいえる動きになってきたところである。
本来であれば、ここらあたりからは買いを入れていきたい場面であるが、マザーズ銘柄にしても、なかなか本気で買いを入れたいという気分にもなれず、本日の買いは見送ったというところである。

まぁ、理由としては、決算が近いということで、決算が一段落してからのほうが、手堅く買いもできるのではないかと感じているからである。

とりあえず、任天堂であるが、朝から28000円にタッチしたものの、ここ数日の買われすぎが意識されることとなり、340円マイナスとなっている。
決算が明日なので、その内容が注目されるところであるが、買いを入れるとするならば、せめて27000円を割っていただきたいといったところである。

最後に、5月はセルインメイとの格言があり、本来は買ってはいけないとされる月であるが、その辺も踏まえて、買いを入れるかどうかを悩み中といったところである。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |

北朝鮮異常なし 日本株は大きく連騰

2017/4/25

日経平均株価 19079円 +203円
外国人動向   370万株 買い越し

本日の日経平均株価は、前日比203円高となり、久々に19000円を回復することとなっている。
これもひとえに、北朝鮮が暴発しなかったことにありそうなところであるが、北朝鮮リスクを回避した離脱組にとっては非常に厳しい相場展開となっている。

今日、19000円を超えたことで、日足チャート的にはひとまずの天井を意識するような位置となっており、明日以降リスクが軽減されたということで本格上昇に入るのか注目されるところである。

あと、このリスク期間中に、いったん手放した7974任天堂であるが、売り払ってから3000円近くの上昇となっており、まさに大赤字が確定したというところである。
個人的には、スイッチ好調ということでも、北朝鮮パワーの前によくて横横の展開を踏んでいたわけであるが、とんでもないところに着地してしまいホトホト困ってしまったという状況である。

まぁ、明後日が決算予定となっているので、それを織り込む形での上昇といってもよさそうであるが、買いを入れるとするならば、決算暴落の後ということになりそうである。
これについては、ある程度決算内容は良いものが出てくると思われるが、ここ数日の大幅上昇により、一たび材料出尽くしとなる話もよくあるので、間違っても明日の買いは入れるわけにはいかないところである。

次に、マザーズ指数であるが、昨日の大幅下落をもって、日経平均とは逆走の目もあったわけであるが、本日は切り返し+15となり1000の大台を回復することとなっている。
ただ、上トレンドラインがまだ効いている状態ではあるので、25日移動平均線を抜いてくるまでは傍観態勢でも良いと考えるところである。
まぁ、マザーズ銘柄に関しては、GW明けあたりから決算発表となってくるので、なかなか買いを入れにくい場面ではあるが、そのあたりまで待つかどうかは各自の判断によるところと言えそうである。

最後に、北朝鮮問題は少し和らいできたものの、買いを入れる投資家にはあまりよい状況ともいえないため、本当に困っている人も多いと思うが、任天堂以外は、まだ買いを入れても特に不思議でない銘柄も多いので、作戦をしっかりと立てねばならぬと考えるところである。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |

北朝鮮Xday前日 日経平均大幅高

2017/4/24

日経平均株価 18875円 +255円
外国人動向   550万株 売り越し

明日は、いよいよ北朝鮮Xdayの2日目であるが、本日の日経平均株価は、おかまいなしに255円高と大きく上昇することとなっている。
上昇要因としては、ドル円が110円回復といったことくらいであるが、明日何かが起きるかもしれない最中に、よく買いが入るものだと少々呆れるところである。

まぁ、15日以降、割合堅調に推移してしまった日本株であるが、こういうときこそ危険度が大きくなっているのではないかと、個人的には、やはり傍観態勢のままであるが、明日が過ぎるとどう対処したものやらと悩ましいところである。

さて、日経平均は大幅上昇となったものの、マザーズ指数はまさかの大幅安となり、前日比20ほど下げている。
これにて、1000の大台を再び割り込むこととなり、もう一段の下げも危惧されそうなところであるが、日足チャート的には、あまりよろしくないと言えるので、動向をしっかりと見極めたいとするところである。

あと、任天堂は今日も適度に上昇する運びとなり、完全に裏目に出てしまった感が満載であるが、個人的には、今日、落ち込んでいるマザーズ銘柄にシフトチェンジするべきか大いに悩む場面となっている。

最後に、朝のワイドショーなどを見る限りは、北朝鮮の暴発もまずまずの可能性で何かが起きそうということであったが、日本株が平和な値動きに終始しているので、少々異様な感じを受けるところである。
まぁ、北朝鮮に関しては、ここで成敗しておかないと、さらなる核パワーが増幅してしまうので、仮に明日何もしなくても、なんらかの打つ手は必要そうである。

もしも、精密な長距離弾道ミサイルが完成してしまうと、やはりあの時に完全に制裁を下しておけば良かったとしかならないので、米にとっても割合正念場なところである。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |

北朝鮮危険期間中も関係なく日経平均大幅高

2017/4/21

日経平均株価 18620円 +190円
外国人動向   50万株 買い越し

本日の日経平均株価は、前日比190円高と比較的大きく上昇することとなっている。
米株の大幅高と、ドル円が円高模索といった展開にならなかったことが原因のようであるが、北朝鮮危険期間中の中、日経平均は今週は大きく上昇する話となっている。

とりあえず、Xdayと呼ばれた15日の前日金曜日の終値であるが18335円であった。
それが、本日は18620円と、北朝鮮の恐怖より下げが大きかった反動がまさに出ているといった感じである。
しかして、北朝鮮問題を理由に私のように市場から一たび退場してしまうと、再復帰が少々難しいところであり、どうしたものかと困る日々である。

まぁ、最初のうちは、北朝鮮に限っていえば、今回のような問題行動は毎度のことなので、特に気にもしていなかったわけであるが、個人的にはカールビンソンとかいう空母が、北朝鮮を討つべく朝鮮半島に向かっているということから、基本的な考えを大きく転換したところである。

ところが、その空母であるが、まだ朝鮮半島とは別のところを悠々と航海中ということで、実はそこまで本気な行動をしていないという事実が発覚したところでもあり、個人的には散々煽られた感じで腹正しく感じるところである。

とりあえず、来週25日がnext xdayということで、ここまで我慢してきた私的には、買いも控えているところであるが、早く当日を迎えたいといったところが正直なところである。

一応、日経平均の日足チャートであるが、今日の上げをもって、短期上トレンドラインを完全に打ち抜いてきたので、来週以降は強い展開も期待できそうである。
ドル円が、108円を割り込まないようであれば、以後は堅調な相場に戻るのではないかと期待できそうな場面ではあるので、どう買いを入れていくかは、各自作戦を立てておかないといけないと感じるところである。

次にマザーズ指数であるが、朝から高く始まったものの次第に崩れる展開となり、移動平均線が集中するところで反落した感じである。
個人的には、今日の高値を打ち抜き、25日移動平均線を超えてきたら、参戦が妥当と判断できるため、今日の下げはある意味ありがたいという感じである。

ただ、任天堂を始め、washハウス、アカツキなど、目星をつけていた銘柄は、北朝鮮期間中に適度に上がってしまったため、未練たらたらでこの辺りを買っていくのか、それとも相変わらずイマイチなところを狙っていくのかは、この土日に考えたいといったところである。

最後に、任天堂は今日も適度に高い場面が見られたが、思いのほか伸び悩んだため、来週以降は下がる可能性も大いにあるものと考える。
まぁ、買う買わないはまだよく分からないところであるが、もう少々注視したいと考えるところである。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |
プロフィール

あべくろミクス

Author:あべくろミクス
FC2ブログへようこそ!
記事が「まぁ良いかな」と思ったら、クリックしてください↓

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1706位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
609位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR