株日記 アベクロ相場と外国人動向でよよいのよい

アベノミクスと黒田日銀総裁を注目しながらの株日記です。手堅い作戦あり、暴走した作戦ありで期待してください!

日経平均401円安 マザーズ指数-32

2018/6/19

日経平均株価 22278円 -401円

本日の日経平均株価は、米中貿易摩擦がどういうわけか再燃となり、401円の下げを記録することとなっている。
日足チャートの形としては、あまりよろしくないといえそうであるが、目先の焦点としては22000円で踏みとどまることができるかどうかというところが注目されるところである。
まぁ、こういった場合、22000円と23000円のボックスに突入することが非常に多いわけであるが、万が一22000円を割り込むとダブルトップを形成する話となり、そうなると一気に21000円割れが視野に入ってくるので、話は早々穏やかではないといったところである。

次にマザーズ指数であるが、こちらも大幅安となり-32となっている。
一応、一時は1095まで下落したものの、最後は少しだけ戻す話となり-32となっている。
ただ、これにてマザーズ指数は完全に下抜けにリーチがかかってしまったとするところである。
個人的には、なんとか1090で踏みとどまっていただきたいと願うところであるが、万が一そこを抜けてくるようであれば、持ち株の半分程度は処理することも検討する段階となっており、話はややこしさを増す一方である。
まぁ、1090を割ると次のサポートラインが1000あたりとなってしまうため、そうなると大荒れの予感も普通に漂うといったところである。
実際、本日は1095まで下げたので、腹立たしくも売りの準備をしていたわけであるが、ぎりぎりそのラインで反発となり、損切までの話にはなっていないというところである。

当然、本日は日本株が大きく下げたので、持ち株陣は全下げとなり、けっこうなアタタ状態である。

最後に、株式投資も非常に難しく感じるところであるが、敗者は去るの言葉を胸に、もう少々対峙したいとするところである。

それではまた


スポンサーサイト
トラックバック:0 | コメント:0 | top |

関西大地震発生も日本株は比較的落ち着く

2018/6/18

日経平均株価 22680円 -171円

本日の日経平均株価は、場が始まる1時間前に関西大地震が発生し、どうなることかと思われたが、下げ幅だけを見ると一時250円程度まで下げたものの、後場以降は少しずつ切り返す話となり、引けてみれば171円安となっている。
とりあえず、熊本大震災に続いての大きな地震であったが、視覚的に大きな崩壊がないようであると市場関係者も被害がそこまでは大きくならないだろうとの判断のもとに、無茶苦茶な下げ幅にはならないようである。

まぁ、そうかといって震度6となるとやはり当事者にとってはただ事ではないと感じるところである。
東北大震災以降、週刊誌などで次にどこで大きな地震が発生するといった予言めいたものがあるが、事前に分かったからと言ってそれが吉と出るとは限らない気がするところである。
もし、数日前に、関西で震度6を超える地震が確実に起きると発表されたらどうだろうか?
ほとんどの人は、関西圏を脱出したほうが良いと考え、そのうち結構な割合で非難されるような気がする。
まぁ、遠くに避難することが必ずしも正解ともいえないわけであるが、個人的には分からないほうが、その間、平穏に過ごせるため良いような気もするところである。

一応、日経平均の日足チャートであるが、171円は下げたものの、まだ下げを示唆するような陰線でもなく、明日以降はどう動くが読みづらいといったところである。
まぁ22500円付近をめどにきりかえす可能性も普通にあるので、地震の影響も含めて見極めていきたいとするところである。

あと、マザーズ指数であるが、一時は23ほど下げていたものの、こちらも昼以降は地味に復活となり、結局は-15となっている。
まぁ、日足チャート的には75日移動平均線に抑えられて反転したような形となってしまったが、明日の動向によっては、本日の下げ文をまくってくる可能性も普通にあるので、期待をしたいところである。

まぁ、そんなこんなで持ち株陣であるが、最近の下げ放題銘柄である6092エンバイオが今日も下げ放題となり、71円安と5%を超える下落となっている。
はっきりいって上昇する気は全くしないが、そう感じ始めたあたりが案外底であることも多いので、何とか立ち直ってほしいと感じるところである。
あと、最近上げ放題となっていた6575ヒューマンアソシエイツが245円の大幅安、関西圏の6568神戸天然科学が195円安と結構下げてしまい、持ち株陣も少なからず影響を受けてしまったという感じである。

最後に、今回の地震が明日以降の相場にどう影響を与えるかはわからないが、各自、あまり無理をしない範囲で乗り切っていただきたいとするところである。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |

日経平均は以前23000円の攻防続く

2018/6/15

日経平均株価 22851円 +113円

本日の日経平均株価は前日比113円高とひとまず切り返すこととなり、再度23000円を手前にこう着する形となっている。
まぁ、昨日久々に200円以上の下げとなったわけであるが、本日、同等の下げを見舞うと下げ転換にモードが移行していただけに、なんとか踏みとどまったという感じである。
とりあえず、今年の3月安値である20347円から5月高値の23050円まで割合一本調子で上昇してきただけに、この程度の調整的な動きは許容範囲としたいところである。

次にマザーズ指数であるが、こちらも日経平均と同じような動きとなり、前日比+5と小幅に上昇することとなり、なんとか1150を突破する1151で引けることとなっている。
とりあえず、マザーズ指数においては75日移動平均線が目の上のたんこぶ状態であるが、来週には気持ちよくクリアしていただきたいとするところである。

あと、持ち株陣であるが、昨日全体相場が弱い中比較的上昇したものの、その反動がでたせいか目立つ上昇をしたのは6575ヒューマンアソシエイツだけとなっている。
そして、ここ最近の問題児である6092エンバイオは堅調に下げを選択する展開となり、本日もほどほどに下げる38円安となり1400円をついに割ることとなった。
まぁ、株主からするといい加減にしていただきたいとするところである。

最後に、マザーズ指数もそろそろと反撃の準備を整えているように見えるが、やはり1150~1200に群がる抵抗線をクリアしてこないと本気の上昇も程遠いところであるため、来週中にはこの抵抗線を何とか打破していただきたいとするところである。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |

日経平均は一転227円安

2018/6/14

日経平均株価 22738円 -227円

本日の日経平均株価は23000円を超えてくるかに注目が集まっていたが、米株安、少々の円高などが重石となり、逆走の227円安となっている。
まぁ、日足チャート的には、抜けてくるか抵抗線に跳ね返されるかのポイントであったので、ひとまずは下に舵をとったという感じである。
ただ、まだ完全に崩れたともいえないような感じなので、25日移動平均線がサポートするような流れも普通にあることから、明日以降は注目されるところである。

次に、マザーズ指数であるが、場中はプラス圏を推移する場面もあったが、日経平均が大きく下げるにしたがって、マザーズ銘柄も徐々に弱い展開となり、結局は-7と、こちらも抵抗線が集まるところでは、なかなか一気の上抜けともいかなかったようである。
とりあえずは、日経平均同様25日移動平均線を持って反発の流れを期待したいところである。

あと、持ち株陣であるが、直近のIPO組は6569日総工産が320円高、6563みらいワークスが340円高といずれも5%を超える上昇となり、全体相場が弱い中、収支はプラスに収まることとなっている。
まぁ、足を引っ張っている銘柄である6092エンバイオであるが、こちらは40円安と相変わらずさえない日々となっているものの、現水準が底値近辺と見ることもできるため、下げることを気に入らないとして、売り切るのにも勇気がいるといったところである。

最後に、本日は久々に弱い展開となったが、米株とドル円が堅調な限りは、少々のことには動じない覚悟で、持ち株と前に進んでいきたいとするところである。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |

日本株は抵抗線の攻防

2018/6/13

日経平均株価 22966円 +88円

本日の日経平均株価は、米朝会談を受けて大幅上昇と書きたいところであったが、結果は地味に上昇という感じで+88円となっている。
とりあえず、23000円に限りなく接近することとなり、明日以降ここを突破してくるかが焦点となってくる。
逆にこのあたりからまた逆走の動きを見せるようであれば、22500円を基準としたボックス的な動きも普通にありうるので、そのあたりは見極めていきたいとするところである。

次にマザーズ指数であるが、こちらも第一関門となる75日移動平均線にあと少しというところまで迫っており、前日比+5と地味に上昇することとなっている。
とりあえずマザーズ指数に関しては、まだまだ停滞を脱したとは言えない状況なので、目先の抵抗線をひとつずつクリアして上昇に乗っていただきたいとするところである。

あと、持ち株陣であるが、日本株同様さほど大した動きもなく、トータル収支として微増という感じである。
まぁ、個人的にもひとときは惨憺たる状況となっていたが、ひとまずは収支の下落も底を打ったと感じるところである。
とりあえず、ここまできたら中途半端に売り買いをしていくと火に油を注ぐかのごとく負けが込みそうなので、よほどの重大事件が発生しない限りは、持ち株そのままに耐え忍びたいとするところである。

最後に、米朝会談については、全くダメという言葉も普通に聞こえてきているが、個人的には大きな前進と受け止め、一つ一つの課題をクリアしていって、そういった連中を黙らせていただきたいとするところである。

それではまた


トラックバック:0 | コメント:0 | top |
プロフィール

あべくろミクス

Author:あべくろミクス
FC2ブログへようこそ!
記事が「まぁ良いかな」と思ったら、クリックしてください↓

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
442位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR